ゆずシロップ
1本(350g) 950円 (税込)

企業名佐藤紅商店さとうべにしょうてん
住所岡山県高梁市成羽町吹屋1108
電話番号080-1487-6077
使用した果実ユズ
販売店舗JA晴れの国おかやま
(高梁グリーンセンター、あしん広場)
岡山天満屋 岡山贔屓
高梁市図書館 他
日本遺産「ベンガラの町・吹屋」から、山里育ちの手づくり無添加シロップが登場。
江戸時代、山中の鉱山街として栄えた「吹屋」で、無添加にこだわり、地場農産品での製品づくりを続ける加工所です。規模は決して大きくありませんが、「この土地の本当に良いものを」という情熱で商品づくりに励んでいます。ユズ生果汁とてんさい糖のみでつくるのが、この新作シロップ。5倍希釈でおいしいユズのドリンクに。また、お酒や炭酸などで割って、香り高いアレンジをお楽しみください。

こだわり

高梁市など岡山県の中山間地産のユズだけを食品添加物不使用で仕上げています。着想は、地域おこし協力隊として活動していたころに出会った、地元の柚子胡椒。この柚子胡椒で地域おこしを!華やかな地ユズの香りを生かしたい!とベンガラの町「吹屋」の新たな特産品作りを始めました。
シンプルなレシピ。ユズ果汁の風味がシロップのできあがりを左右するのはシンプルなことにこだわること。このため吹屋など岡山県の中山間部、秋から初冬のきびしい寒暖差に磨かれた完熟ユズを集め、一つひとつ丁寧に手しぼりし、新鮮なジュースを加工に用います。こだわった素材と地域の手で作られたさわやかな味わいです。

企業紹介

「ベンガラ(弁柄)」をご存じでしょうか?「紅柄」とも書くこの紅色の粉は、伊万里、九谷など高級磁器の絵付けや家屋の建材塗装に用いられた美しい顔料。江戸時代中期の1700年ごろに、ここ岡山県高梁市成羽町の山中にある吹屋で、初めて生産がはじめられました。大正時代あたりにかけて日本唯一の産地として栄えた吹屋。赤い釉薬瓦とベンガラ色の外観が印象的な、ノスタルジックな町並みがのこります。この町の魅力にひかれ大阪から移住。歴史ある地域に根差し、温故知新の心で再発見を重ね、山里ならではのゆったりゆっくり流れる時に身をゆだねながら、この地域ならではの手作りを続けています。